2011年1月8日土曜日

レンタル自転車と忍者の人。




ボクの知り合いに「Tっちゃん」というやつがいて

酒に酔うと、必ず
「ワシは、忍者の末裔じゃけん・・・」といいます。

何故、彼が、自分を「忍者の末裔」と思っているのか?
謎が解けたんです。

彼は、双子の兄で・・・と言ってしまうと
気づいてしまう人もいると思いますが

上の図です。

Tっちゃんには、双子の弟がいます。
分かりやすくするために、自転車に乗ったオッサンを用意します。

T弟が道を歩いていると、自転車オッサンに出会います。
オッサンにT弟の顔を印象付けるために
仮にオッサン自転車とT弟は、ぶつかり

オ:「おい、ボーズ、大丈夫か?」的なアレがあったとします。

で、オッサンはT弟が大丈夫なのを確認し自転車に乗り、100m進むと
先ほどの「ボーズ」がいるわけです。

オ:「おい、ボーズ!さっきのボーズか?」
ガキンチョは、オッサンのいうことなんか、まともに聞きません。


で、
T兄:「ん?うん」

双子と知らないおっさんは、オドロキです!

オ:「え?おい!ボーズお前は忍者か?」

で、ガキンチョは、「ウルトラマン」とか「忍者」とかには敏感に反応します。

ココで、T兄(Tっちゃん)は、
「え?忍者!」と、自分が忍者であるという事を知るわけです。

-----




どーですか?
どーでもいいですね?




-----Ψ



1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

-

あ、コレTっちゃんが、幼い頃の話です。
話というか妄想です>ボクの。

あ、また、頭がグルグル。

-

コメントを投稿