2008年1月8日火曜日

ボクは今もキュっなんです。

昨年末に2回胸がキュっとなったんですが、
女の子に恋したとか、
青春の甘酸っぱさとかのキュっでなく、

全く違うモンでコレは何なのか?
この気持ちは一体、何なのか?
ずーと考えてました。
今も考えるとキュっです。

1回目は実家のテレビで多分、
アジアのどこかの国を唯々映してるだけのもので
それを観てると心が幼稚園児のサンダルみたいに
キュッキュキュッキュ鳴ってしまうんです。

なんでや?と思いいつつ暫く観ていると
「あっ!オレここに住んでた!昔来た!」
「っちゅーか前世ここで生れ育った!」
と思ったんです。
でも、育ってないし。

で、

2回目は雑誌なんですが、
確か「男の隠れ家」というもんやったと思います。
ちょと時間空いたんで喫茶店で雑誌見てたんです。

特集は城下町やったと。
城下町の美味しい飯屋とか甘味処とか紹介してたと思うんですが
ボクの目を釘付けにしたのは
「城の造り方」「江戸時代(と思う)の『兜』特集」でした。
また、キュッキュキュッキュでした。 特に「兜」。
「あっ!オレこれ持ってた!」
「っちゅーか、いつもコレ被ってた!」
被ってないですし。

で、よーーく考えると
共通してるんは「狭い路地」かと・・・
アジアの国の狭い路地の映像。
城下町の田舎の素朴な映像。

いや、共通は「素朴な人」かと・・・

う~ん。スッキリしないです。
コレは完全に始めてのキュっですから。

ずーっと頭から離れないんです。
どうしたらいいんでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿