どこにあるのですか?ナイフの絵。


昨日は、走りました。
あまり、運動ネタは面白くないので・・・

でも、スポクラ始めた時の情報がないので、
あの時何キロで走ってた?か知りたいので、
次のときのために、記録です。

昨日はバテバテ。45分間。5分を8kmと8.5kmで走り、
10分を5.5kmから6.5kmでウォーキング。
自転車30分×2。階段15分。

さて、本題です。昨日話してた、ナイフの絵は、見つからなかったです。
残念。

【キーワード】
ブリジストン美術館
レンブラント
神話をテーマ
男性がナイフを落とした瞬間
かなり大きな作品



↑ これも、うまくいかないし。

しかも、勘違いしてました。
「大脳の記憶」で照合し、実際に見ている世界と、
遠近法で描かれた平面を立体的に脳が錯覚する。
(関係ないと書いてなかったです。)

で、ナイフが落ちた瞬間を描画しているけども、
脳の錯覚でナイフは落下していくように見えるはずなのに
停止して見えるので驚いた(錯覚してない)。

↑という事を、昨日のブログの人は言ってると思います。

ボクの勘違い。でも見たいな。
作品名を書いてくれたらいいのに。

-----

ありました。再度更新。


「アブラハムの犠牲」

ナイフが止まっていることにより、この絵の中にある状況の前後、
  1. 天使に取り押さえられ、
  2. ナイフを落とす。
  3. その後、ナイフが床に落ちる・・・
このようなストーリーを観るものに想像させるらしいです。(曖昧。)


-----Ψ

5 件のコメント :

天才紳士 さんのコメント...
天才紳士 さんのコメント...
天才紳士 さんのコメント...
天才紳士 さんのコメント...
天才紳士 さんのコメント...