2013年4月2日火曜日

すみませんでした。



イヤーワーム



ウィキ引用ペディア
イヤーワームという語はドイツ語の 'Ohrwurm' からの翻訳借用であり[1]、シンシティ大学のマーケティング研究者ジェイムズ・ケラリスとダニエル・レビティンによっ世に広められた。ケラリスの研究は、人々はそれぞれイヤーワームに対して異な感受性を持つが、ほぼ全員が場面の違いこそあれさいなまれることを示した[2]。ケリスの調査によれば、98%の人はイヤーワームを経験する。性差では、男女とも同の頻度でこの現象を経験するが、女性の方がより長い時間イヤーワームが継続し男性よりも不快感が大きくなる傾向がある[3]。
精神分析学者テーオドール・ライクは、この現象の精神力学的特「hauntingmelody(ホーンティング・メロディ、絶えず思い起こされる旋律)」というで記述した[4]。2003年には 'Musical Imagery Repetition (MIR)' という用語が、この象の科学的に調査されたプロファイルにおいて、神経科学者でピアニストのショーンベネットによって提唱された[5]。2007年にはこの現象の別の学術用語として'Involuntary Musical Imagery (INMI)' が、神経学者オリバー・サックスによって提唱された[6]。
強迫性障害の人々は、イヤーワームによる問題を多く訴える傾向にあり、場合によっては、強迫性障害に対する投薬治療でこの影響を緩和できるとされる[7]。
endomusiaや音楽幻聴のような、現実には鳴っていない音が本人には実際に聴こえる深刻な症状と、イヤーワームとを混同すべきではない[8]。
英BBC 6 Musicのラジオ番組 'Shaun Keaveny Breakfast Show' には、起床時に頭の中に残っていた曲を電話でリスナーに質問するという形式で、イヤーワームが番組の1コーナーとして取り入れられている。


ほほーーー。なる。
















ん?ガガ様ばっかりやん。


















-----

ひとつも当てはまらない。

-----Ψ








どーですか?








4 件のコメント:

天才紳士 さんのコメント...

-



-

匿名 さんのコメント...

-

 あ 

-

天才紳士 さんのコメント...

-



-

天才紳士 さんのコメント...

-

あい

-

コメントを投稿