2012年6月20日水曜日

ノダナノダ。


ネタが無いので、

いつも見てるブログの元ネタの元をグーグル翻訳したものです。



死ぬ前に、後悔する5つの事らしいです。



1.私は人生の他人が私の予想ではなく、

これはすべての最も一般的な遺憾の意だった。人々が彼らの生活は、ほぼ以上であることを認識し、それを明確に振り返るとき、それはどのように多くの夢が満たされてしまったが簡単にわかります。ほとんどの人々も彼らの夢の半分に名誉を与えていませんでしたそれは彼らが作った、または行われなかった選択肢によるものであったことを知って死ななければならなかった。健康は彼らはもはやそれを持たない限り、実現は非常に少数の自由度をもたらします。


2.私は一生懸命働いていたなあ。

これは女性にもこの後悔の話を聞いた。彼らは子供の若者とそのパートナーの交友を逃した。私が看病し、すべての男性患者から来たが、ほとんどは古い世代からのものであったとして、女性患者の多くは共稼ぎしていなかった。すべての私は深く作品の存在のトレッドミル上で自分たちの生活のあまりの支出を後悔した。 "看病男性


3.私は感情を表現する勇気を持ってもらいたい。

"多くの人々が他人と平和を維持するために、自分の感情を抑制した。その結果、彼らは平凡な存在のために定住し、彼らがになっての真の能力がある人になったことはありません。彼らは結果として運ば苦味と憤りに関係する多くの先進病気


4.私は友人と連絡を滞在していたいと思います。

多くの場合彼らは本当に彼らの死ん週間前までの古い友人の完全な利点を実現しないだろうとそれは彼らを追跡することは常にできませんでした。多くは、彼らは黄金の友情年間で口を滑らせていたことまで自分の生活の中でキャッチになっていました。友情に彼らが値すると時間と労力を与えないことについて多くの深い後悔があった。彼らは死んでいるときに誰もが彼らの友人を蹴る。


5.私は自分が幸せになるさせていたことを願っています。

これは驚くほど共通の1つです。多くは、幸福は選択であることを最後まで気づかなかった。彼らは、古いパターンや習慣で立ち往生滞在していた。馴染みのいわゆる"快適さ "は自分の感情だけでなく、その物理的にオーバーフロー住んでいます。深い内には、それらが適切に笑うと、再び彼らの生活の中で愚かさを持っていたいと切望したときに、変更の恐怖は彼らが、彼らは満足していたこと、他人になりすまし、その自己なければならなかった。








-----

↑ ・・・だから、今の人生を前向きに!というのでなく
本当に死ぬ前に後悔する内容なので
生きていくアレでネガティブなアレもあるなーと思いました。


よく分らんけど。検索したらいっぱい出てきました。

-----Ψ

1 件のコメント:

天才紳士 さんのコメント...

-

ん、なんかひらめいた。

分厚い難しい本て、言い回し?とかめんどくさいですよね?
わざと難しく書いておるのかと。
でもなんとなくインテリぽくてカッコイイッ茶カッコイイ。
憲法とか、六法全書? < 見たこと無いけど・・・




まず、日本語 > 英語 > 日本語
↑これで単純な文章を、わりとイキッタ小難しい文章にできるのでは?

-

コメントを投稿