2012年6月2日土曜日

時々します。ガチャガチャは。


例の偽札複製器「コピール」は秘密裏に事を進めてたのですが
親友のSには、近々こういうものが手に入る・・・
みたいな事を話してたのです。成功したら何千円でもやると。

が、結果は前の通りです。
で、Sが「イランのやったらクレ」と言ったのであげたと思います。



問題は、上の2つです。
ガラクタカラ物語のどこかの記事に書いてますが
ボクの宝物はいつも一個です。

上の2つは、かつてのNo.1やったのですが
新しい宝物の出現でガラクタカラモノ箱の中に入ってました。



左は中学生の時に女の子が持ってて
クレと言ってもらった 伸びるシャーペンのようなもの
ギザギザ部分を回すと芯が出るタイプです。

芯は0.95mmくらいで市販のシャーペンの芯では無理なため
ジョイント部分を削ってサイズをあわして使ってました。
中学女はガチャガチャで当たったといってました。



右は小学生の時、習字に行ってたのですが
教室に行くまでの急な坂道を登りきったところで
ふと足元を見ると落ちてたプラッチック製のロボットです。

このサイズ(約5cm)で精密にできていて関節は自由に動き
ヘルメットも取り外し可能でした。



宝物ランキングNo.1とNo.2の差はかなりあって
上の2つは、ツレにコレクレと言われあげました。

が、今考えると、なんとなく勿体無いっちゅーか
かなりメチャクチャ ド勿体無いです。



で、その他のガラクタカラモノ(小学生からのコレクション)は
甥が幼稚園くらいの時にほとんど持って行きました。










-----

「内容しりとり」が強引過ぎるな。
ちゅーか、文章は「しりとり」と言わないな。

-----Ψ



0 件のコメント:

コメントを投稿