2011年12月29日木曜日

素直なコレ系な人々に。



この曲久しぶりに聴きました。なんかジュワーーーときます。

Bメロのストリングス ッタタッ ッタタッ っチュートこ。

こういう曲を聴くとものすごく優しい気持ちと言うか、
なんか いいなーと思うのです。
「人間て素敵やん」みたいな?

コレ系の文章とかコレ系の曲を聴くと

気が滅入ってる時なんか、チョットした嗚咽まじりに
「ゥグハ」みたいになってしまうのです。

産まれた瞬間はミンナそんなに変わりないと思うのです。

-----


コレもリンクしておこう。
少年時代
涙そうそう


-----Ψ

1 件のコメント:

天才紳士 さんのコメント...

-

【アメリカンジョーク】

外交官が貧乏人の家を訪ねて言った。

外交官「お宅の息子さんに縁談があるんですが」
貧乏人「息子は自分の嫁は自分で見つけます。
    私は口出しするつもりはありませんよ」
外交官「でも、相手は大富豪のロスチャイルド家のお嬢さんですよ!」
貧乏人「え。そういうことでしたら…」

次に外交官は、ロスチャイルド家を訪ねて言った。

外交官「お宅のお嬢さんに縁談があるんですが」
ロス家「娘は結婚するにはまだ若いですよ」
外交官「でも、相手の男性は世界銀行の副頭取なんですよ!」
ロス家「え。そういうことでしたら…」

そして外交官は、世界銀行の頭取を訪ねた。

外交官「お宅の副頭取に推薦したい人物がいるんですが」
頭取 「副頭取候補でしたら、すでに相当な数の人材がいますから」
外交官「でも、この若者はロスチャイルド家の婿養子ですよ!」
頭取 「え。そういうことでしたら…」



↑ コレなんかに使えそう・・・使わないけど。

-

コメントを投稿