2011年6月6日月曜日

戦いの神にヴィシュヌは円盤を投げた。


前のシヴァ話のつづきです。
ちゅーか、アレなので。
上の写真は、フィギュアと思います。

上のファイナル・ファンタジー(以下 FF)のシヴァは、女性?ですが、
インドのシヴァは、男性です。

で、このFFのシヴァが持ってる武器が、昨日の映像でもありましたが
円盤なんです。(自転車の車輪とか、ヨーヨーにも見える)


【追記】
で、設定とかあまり分からないんですが、上のロボットを倒したら
下のカワイッコちゃんが出てきました。


↓にも書いてますが、3つにわかれてるんです。本当はそのままフォークみたい。

ココまで 
-----------

シヴァは、三叉劇(シヴァフォーク)という大きなフォークみたいな武器を持ちます。

で、この円盤を持つ神様というのが、シヴァと同じ最高神のヴィシュヌです。

このヴィシュヌ、最高神の中で一番偉大な神様とされています。
(ちなみに、シヴァ神は一番強いとされている。)

あ、 ↓ からFFのシヴァを見て書きたかったことです。



【昨日からココまでの文章は全くイミナシ。ココから書きたかった事。】


シヴァ神には、サティーという妻(婚約者)がいたのですが
故あって結婚できなくなるんです。(諸説あり・略)

で、ソレを悲しんだサティーは焼身自殺してしまいます。

更に、悲しみ、怒ったシヴァは、我を忘れサティーの亡骸を抱いたまま
この世をブッ壊しながらさまよいます。

そこで、見兼ねたヴィシュヌが、円盤(チャクラ)でサティーの亡骸を粉々にします。
漸く、「はっ!」と我に返ったシヴァは、正気を戻すことができます。

で、粉々になったサティーの亡骸は、インドのあらゆる場所に飛んでいったため
シヴァ神の妻は、無数にいるという説もあります。

ちなみに、ヒマラヤに落ちた断片の生まれ変わりが
「パールヴァティ」です。
シヴァの妻であり、ガネーシャの母。
昨日書いた、シヴァと合体してた女神です。

コンナ感じで、
様々なインド神話の要素(3つ)をFFのシヴァの中に入れてるのかな?と
昨日思ったんです。

まーそのままパクッタラ、「それ、インド神話やん」て言われますよね。

↑こーゆーゲームも含めた内容も書くのありやナ。
いろんなキャラの名前を探して、
ホントは、○○は○○なんですよって書くのありかな?と。

-----




長くなりましたが、言いたいのは赤色部分だけでした。




-----Ψ

0 件のコメント:

コメントを投稿