2011年3月6日日曜日

う・・・ん?「あ、そういう意味か。」


や、日曜にグダグダ、まったり見るにはグッドです。
月曜じゃ残念です。
時間あるときにジックリみてください。
【後味の悪い話】
「あーー知ってる知ってる」なモノや
「ん?あっ!ぇえ~」 納得とか、怖いモノ。

-----

不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。

ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね、ジョン。あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」

ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。

先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」

ジョンはまず足の手術を受けた。
そして目の手術をした翌日、

ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。

-----

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった


次の日も、次の日も死体はそのままだった

-----

ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。

2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。

「今日は雲一つない青空だ。」
「桜の花がさいたよ。」
「ツバメが巣を作ったんだ。」

そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。

ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。
自分でナースコールも出来ないようだ。
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。
が、ボタンを押す手をとめた。

「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
どうせお互い先のない命、
少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。
窓側のベッドの男はそのまま死亡した。

晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、

打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

-----

さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。

俺はムカついて思わず、わざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。

何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって

落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。

たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。

それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。

-----

嫌われもののライオンがある日家に帰ると
イチゴの入ったかごが置いてある。
「こんなぼくにも優しくしてくれる人がいるんだ」と感激するライオン。

親切な人はそれからも度々色んな果物を置いていってくれるようになる。
だけどその親切な人は、ライオンが狩りに出掛けている間に訪れるので会えない。

そこである日、ライオンは出掛けないで家で待っていることにした。
いつも置いていってくれる果物のお礼に、やぎのシチューを作って。

ところが、その日に限っていつまで待っても親切な人は現れない。
お腹が空いてきてシチューを食べたくなるけど、
「このシチューはあの人のために作ったんだ。来てくれるまで食べない」と我慢する。

でも、とうとう親切な人は現れずにライオンは餓死した。

-----

死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな
うまいんだけど、親父は食うのが早くて、

食い終わると、ジッと怒ったような顔でオレが食べるのを見てた。

「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

こないだ初めて子供とラーメン屋に行ったら、
やけにおいしかったようで、ガツガツ食うわ、
あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんでスープ飲んでハァハァいってる

可愛かった

そしたら
「ねぇなんで、そんなに見てるん?怒ってる?」

-----

私は、携帯が鳴ると心がつまる。

それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた
こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。
どうやら先輩の携帯からのようだ

電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータイ知らない?!」と聞いてきた。

ハァ、バカかと・・・眠かった私は、
「はいはい、先輩が持ってますよ・・・」といって、電源を切ってまた寝た。

朝、目が覚めてから昨夜の先輩の電話、事の重大さに気づいた俺は、
急いで起き上がり、リダイヤルしたのだが間に合わなかった・・・


・・・ごめんなさい、10年も経った未だにショックから立ち直れません。

-----

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。

そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。

私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。

・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。

店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。


しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・

-----

コレ↓こーゆーことらしいです
http://nlogn.ath.cx/archives/001107.html

-----




どーですか?




-----Ψ


1 件のコメント:

天才紳士 さんのコメント...

-

朝から自転車パンク。

で、ローソンに歩いてタバコ。
あ、キャベツとかモヤシにらとか売ってた。
で、ヤキソバをつくろう。

で、更に遠回りして、朝ドナルドに。

まー最近ウンドーしてないので
ウォーキングがてら・・・

ドーですか?この優雅な休日の始まり。

アホですか?

-

コメントを投稿