2010年5月11日火曜日

ナント素晴らしい曲なんだ!





この前、言ってた曲です。見つかった。
もっと声量があると思ってたんですが・・・


で、



当時、プリンスが元と思ってたんですが
プリンスが、コピーしてたと思います。



この当時、イギリスのジャズ専門のFM局が
プリンスはの局はモーージャズ!だからジャズ専門やけど
プリンスは流すみたいな事を言ってたと思います。

コレは、レオンラッセル・・・にしようと思ったけど




カッコよすぎる・・・


あー、いらない音が。
ピアノだけでいいと思います。


ヤッパリカッコイイ




このアレンジは誰が最初なのか分からない。
原曲は ↓





何故かI-Tuneに入ってたアーティスト。
Joanne Shenandoah
多分、ゴスペルやってた時に買ったんかなーー?






-----Ψ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

-

コソット。本音。

最後の曲ですが、多分ネイティブの方だと思うんです。
インディアンの方のネイティブです。

で、侵略した国の(ここら辺、難しい&ややこしいですが)
宗教キリスト教の聖書を歌詞にしたのがゴスペルで
そのゴスペルの元は、奴隷としてアメリカに売られてきた
黒人になるわけです。

ややこしく、ワケが分かりません。

音は、アフリカンですが、内容はインディアンだと思います。

結局この曲も、今(過去も未来も)ややこしくするのは
米ということなんですね。

まー、どーでもいいのだ!!v

-

匿名 さんのコメント...

-

や、あれです。
ボクがアジアンのアレを売ってるから
言うわけではないですが

これらの曲は、
精神世界にのめりこんだ人たちの曲ではないのかと?

りんご、ガーファンクル、様々なアーティストが
究極の曲を求めて「精神と肉体」って何ナノダ?と
考えた末たどり着くのはココかと。

ガンダーラ(名前忘れたけど孫悟空の人)かと?

http://www.youtube.com/watch?v=DSggntdYwdw

これ、貼れないので
後ろにオームです。

-

コメントを投稿