2009年10月5日月曜日

いやー、ワロタ。


昨日、久しぶりに、MIXIを色々見てたんですが
知り合いが、ボクの事を書いていました。

もーケチョンケチョンです。
世界で稀に見る変人になってました。(ボクは、いたって普通の変人です。)

彼は、たまに家に来るんですが、ボクがトイレ行ってる時とか
なんで写メ撮ってるなー?と思ってたんです。

ただ、その日記に対して、リアル友人は、
「あ、これセバヌチャソ」と言うのを知ってるんで
コメントしてなかったみたいです。

で、色々プロフィール変えて、逆にイタズラしようかなと思ったんですが
ちびまるこが始まるのでやめました。

しかし、ボクのHPを見てウィルスに感染したっチューのはヒドイな
逆にそんなことできる人ってスゴイんじゃないでしょうか?
ボクは、そんな頭よくないです。


暇な時イタズラしたいなーと思う反面、
彼もそれを楽しんでるんで、可愛そうかなーと思ってます。
でも、多分やっちゃいます。(変人なんで。)





あ、○○印さん。ボクは、高学歴ではありませんよ。

-----------
The acquaintance was writing my thing though MIXI was variously seen after a long time.

It is moo [kechonkechon].
When I was going in the rest room, I thought copy [me]ing taking [teruna] [-] though it occasionally came to the house why.

The thing that the color [nna] ant doesn't do either is written to him by a considerable large Hora blowing, and I am [nattemashita] . in unexpected man.
-----------
对隔了好久,这个那个地看
着MIXI相识,在写我的事。

mo—落花流水。
偶然来家,不过,是想是不是我厕所去的时候
啦别不由得拍摄着照片邮件—的。

他,在相当大海螺喷出的,被写各种各样的
蚂蚁也不做的事,我,成为哪里的话的人。




-----Ψ

0 件のコメント:

コメントを投稿