2009年5月28日木曜日

うらめしい。否、うらやましい。印税とかさ。



今日は書く事無いんで、勝負にでますモチロン勝算ありです。

「世界でもっとも短い手紙」の話です。
(電報やったかもしれません。)

「?」に
「!」なんですが

名前とかは忘れましたが
とある作家(昔のイギリス人やったような)が本を出し、
「どんな感じ?」に対し
担当の編集者が
「売れてるよ!」という意味だったと思います。



これは、三文の徳事件にはならないですよ。(自信アリ!)
多分、高校の国語の時間情報か雑学本と思います。

あのオッサン(先生)は授業は面白くなかったけど
チョイチョイ、こーゆーので生徒をひきつけてた思います。


ちゅーか最近こういう、小ネタ紹介する番組は多すぎです。





テレビ業界がボクのアホブログを潰そうとしている・・・

----------

あ、「三文の徳事件」これからもイキッテ出てきそうなんで
初めて見た人は「???」だと思うんで
右のウンコのイラストの上に貼っておきます。

もし、知ってたと言う人は、文句を書いてください。

(誤)そのネタ知ってます。昨日テレビでやってましたよ。

(正)大変恐縮なのですが、テレビで見たような気がします。
   ただ、九分九厘、私の間違えだと思っております。



ホンマ、めんどくさいでしょ。朝から。
でもボクは、もっとメンドクサイんですよ。
----------
Virtue of cheap cases
----------
凭借廉价的情况下


---Ψ

0 件のコメント:

コメントを投稿