2009年5月14日木曜日

とんでもなく幸せな日がやって来る。



昨日、JCBで地球儀見てたら、、、

ナ、ナ、ナント、サイモン&ガーファンクルが今年くると!
何年か前にもツアーしてたんですが日本にはきませんでした。

ボクはもう、一生、ナマで聴く(見る)ことができないと
思ってたんで、すぐ取りました。

もう、かなり年いってるんで本当にコレが最後だと言ってました。

YOUTUBEの
左がアート・ガーファンクルで
中央がポール ・サイモンです。
2人は仲が悪くて、何回も再結成という形でライブしてました。
ガーファンクルが映画作ったり、インドの音楽やったりと、
サイモンが曲を作るんでどうしてもサイモン方がフィーチャーされる事が
多いんですが、特に明日にかける橋などガーファンクルの歌声がないと
どの曲もダメになってしまいます。

ボクが初めて、音楽を聴いて感動したのが
「コンドルは飛んでいく」という曲で(幼稚園)
サイモン&ガーファンクルも詩を変えて歌ってます。

その後、バッハの「小フーガ ト短調」(中1)

「スカボロフェア」(中1)
「サウンド オブ サイレンス」です。(中1)
(↑の2曲はコピーし、ライブでもやりました。)

ボクの中の、サイモン&ガーファンクル率はすごいです。

この4曲はボクのジンセーの中でホンマニ頭が
ガガーーーンと来るのを通り越して
「?」がイッパイ頭の中をグルグル回るくらい
イッテシマッタ4曲なのです。


しかも、アート・ガーファンクル(歌声がキレイな方・高音の方)と
ボクは同じ誕生日です。(メサ自慢)
多分ボクはガーファンクルの生まれ変わりです。

いやーホンマ、絶対ムリと思ってたことが叶ってしまいそうです。
マジでヤヴァイです。時間あるんで復習せねば歌詞の内容とか。

7/13(月)京セラドームです。チケット着たら自慢します!






それまで、ずーーーーーと幸せです。
神様ありがとうございます!!!!!
----------
Na, Na, Nantes, Simon & Garfunkel have come this year!
----------
钠,钠,南特,西蒙和加芬克尔来到今年!


---Ψ

0 件のコメント:

コメントを投稿