2009年1月26日月曜日

値段のわからない楽器屋。



ん?おかしい。
何でこんな名前で注文ができるはずが無い。
しかも漢字で名前が書いていない。ふりがなが「てちょう」
これは完全にイタズラの注文だ。無視しよう。

ボクと東野は楽器屋で二胡を見ていた。
中国製で無いものが欲しかった。
とりあえず安いものを買おうと思っていたから。
なのに、何で今更1弦ベースなんだ。
しかも、「もう製造中止で無い」と言っていたのに今更。
ここに2、30本はある。

弓で弾くと2弦になっていた。2弦は確か高かったはず。
ネットで必死で探したのに結局、売り切れ。
もうベースはいらないと思ってたのに。

店員はバロック時代のリュートのような弦楽器をボクに渡した。
コレは二胡では無い。少なくとも24弦はある。いや48弦だった。
しかも、この大きさと弦の幅では弓は引けない。
とりあえず試しに弾いて見た。
バイオリンのように顎と肩に挟んで。
スティックのようにタッピングで弾くと
オモシロいようにメロディーを奏でた。
ボクの右手薬指は腱が切れて自由に動かないはずなのに・・・

とにかく時間が無い。
もうライブは始まっているはずなのに。
いや、もう始まっていた。
かなりの人が集まっている。
500人はいる。ボクは明石先輩や入江先輩が
もう学校にいないのは知っていたけど
東野までいないのは知らなかった。
東野がいればベースとボクで何とかできると思ってたのに。
結局、林が観客に「今日のライブは終了しました。」と
いつものやる気の無い声で言った。

とりあえず、48弦でも時間を掛けて弓で演奏できるよう頑張ろう。
8万円だけどなんかワクワクした。
コレくださいと店員に言って出てきたのは
ミュージックマンの普通の6弦ベース。しかも80万。
店長を呼べと言おうと思ったけどめんどくさいので店を出た。

問題は地下鉄にするか近鉄にするかだった。
もう、長いエスカレータを何回も乗り継ぐのは
うんざりなので・・・
最後は長瀬の茶色い空気の駅だった。

南入さんが○○○○でいきませんか?と聞いてきた
ボクはそのタイトルを聞いた事が無かった。
でも、頭の中でフレーズを探すとうれしくなった。
カークフランクリンのアルバムの中に入っている地味な曲だった。
でもあの曲はいつか演りたいと思ってた。
ジャジーな雰囲気のメロディー少し口ずさむと
南さん水田さんがハモってた。やっぱりクリスマスには戻ってきてくれた。
この曲にしよう!とミンナに確認したが、東野はまた逃げた。

ボクはもうイイ、ドーデもいいと思った。
松陽台行きのバスに乗れば家に帰れるとクミちゃんが言っていた。

----------
Eh? Funny.
No names will be in order here?
Not yet written its name in Chinese characters. Name the "notebook"
This is completely ITAZURA order. To ignore.

Higashino and I was looking at the music store in two Hu.
I wanted something not made in China.
We were thinking of buying something cheap now.
However, the help of what I base a chord.
Moreover, "DE無I discontinued it." I had to say
Here is 2,30.

She was playing with a bow and strings. Two strings will be high indeed.
Desperate to find the net in the end, sold out.
I was going to second base is unnecessary.

The clerk handed me a stringed instrument similar to the baroque lute.
Hu is in no KORE 2. There are at least 24 a day. No. 48 was the day.
Moreover, the size and width of the bow string is引KENAI.
Seen playing to try anyway.
Across the shoulder and chin like a violin.
And stick to play in tapping
As if OMOSHIRO奏DETA melodies.
My right hand ring finger should be free to work out a tendon

No time.
They will live longer in session.
No, he started it.
Which brings together so many people.
500 people. I have seniors and senior Irie Akashi
Not in school anymore, but I knew
Higashino not until I did not know.
I was going to be based on something in me that if Higashino.
After all, the audience forests "live in today is over." He said in a voice not motivated.

But 48 harambee can play all the time on the bow string.
8 It's exciting.
The clerk came out and said to please the KORE
Regular six-string Music Man. And 800,000.
Because I was saying MENDOKUSAI call a store manager
Left the store.

Kintetsu issue was whether to or on the subway.
Second, many times乗RI継GU a long escalator
So tired

The North's ○ ○ ○ ○ or not? I told him
I heard that there was a title.
It was pleased to find the phrase in my head.
The album entered the KAKUFURANKURIN
It was somber song. But the song was going to演RITAI someday.
Melody and atmosphere of a little spout JAJI
Paddy's HAMO TTETA's south. And you know this song. And
MINNA is confirmed, Higashino has fled.

II me anymore, I can Daudet.
Kumi said the girl to go home and catch a bus to松陽台.

----------
n?可笑。
为什么用这样的名字不可能能订购。
而且用汉字名字没写。注音假名「te蝴蝶」
这个完全是itazura的订购。无视。

我和东野在乐器铺看着二胡。
想要由于中国制没有的东西。
暂且想买便宜的东西。
对是吧,为什么事到如今是1弦基本。
而且,「已经由于制造中止没有。是说着」的这
里有2,30个。

用弓弹的话变成到2弦。2弦应该大概高(贵)。
是用网络拼命找的结果,卖光。
是想已经基本不需要的。

店员交付了象巴洛克时代的鲁特琴一样的弦乐器给我。
二胡没有这个。至少有24间。哦是48间。
而且,这个大小和弦的幅度弓不结束。
首先在尝试里(上)试着弹了。
象请小提琴一样地在下巴和肩膀里(上)夹。
象棒一样地tapping弹的话
omoshiro异常奏了旋律。
我右手无名指腱不会断自由摆动···

不管怎样没有时间。
已经实况录音应该开始。
哦,已经开始了。
相当的人聚集着。
500人在。我明石先辈和入江先
辈已经不在学校知道,不过
到(连)东野不在不知道。
是想如果东野在与基本我想办法能的。
结果,林观众「今天的实况录音结束了。由于」和干劲没有的声音说了。

暂且,努力48弦也乘上时间用弓能演奏。
是8万日元,不过什么的欢心雀跃。
对店员说这个给出来了的音
乐男人普通的6弦基本。而且80万。
想说招呼店长,不过因为非常麻烦从店
出来了。

问题是决定地铁还是要近铁。
已经,因为好几回接着乘坐长的es
calator腻···

北出先生以○○○○不去吗?没有听
了那个标题的事听了的我。
但是,在头中找寻词组的话高兴了。
是进入着kakufurankurin的相片簿中的
质朴的曲子。但是那个曲子不知不觉想演ri鲷鱼。
jazzy的气氛的旋律稍微哼的话南
先生水田先生海鳗ta。用这个曲子得—。m
inna确认了,不过,东野又逃跑了。

我想已经ii,dode也好。
kumi说着如果乘坐前往松阳台的巴士能返回到家。


---Ψ

0 件のコメント:

コメントを投稿