2008年3月4日火曜日

新算数。

山「池上君。私はここで何をしたらいいのかな?」

池「山内さん、簡単です。ここから向こう岸まで橋を掛けていただくだけです。」

山「ん?どういうことかな?ハッキリと話をしてくれたまえ。」

池「いや、本当です。ここから向こう岸まで橋を・・・

山「だから、どういう事なんだ!ハッキリ言いたまえ、私は左遷という事か?え?どうなんだ!」

池「山内さん。落ち着いてください。あなたが左遷になったかどうかは僕は知りません。
  ただ専務から指示を受けただけです。」

山「そういう事か。田端の指図という事だな。私が到底無理なこの作業で
  退社に追い込むというわけか?」

池「いえ、僕はそこまで聞いていません。橋を掛けれるから
  あなたがここに居るのか、掛けれないから居るのか、そんなの関係ないと、、」

山「君も、田端と組んでいたという事だんたんだな」

池「それもお答えできません・・私は社に戻らないといけないので、後は宜しくお願いします。」
 「あ、これも専務から伝えるように言われたのですが、その下に木があるそうです。
  首を吊るのに調度いい高さらしいですよ。」

山「うっ、き、貴様。」

池「心配しないでください、ここで作業した人間は50人もいません。
  そのうち半分も首を吊ってませんから」

山「・・・・・・・」

山「・・・そ、、、そうか、、、、で、首を吊る紐はあるのかね?」

池「山内さん、紐は自分で探してください。最後まで僕に迷惑かけるのはやめてください。
  ・・・あーそうでした、もし山内さんがここで首を吊ったら50%超えますね。
  それでは僕時間が無いので」

山「こんなときに、何だが問題です。
  私は、この場所に来た何人目か答えなさい。
  また、複数の答えがある場合、全てを記述しなさい。」

0 件のコメント:

コメントを投稿