2008年1月23日水曜日

紳士なのでハナクソや屁で例えない。



インディアンをインド人と解釈した場合の話。

「インド人ウソつかない。」
なんでインド人なのか?
メキシコ人じゃアカンのか?アカンのだ!

例えば、目の前の100円が消えた時の大人とガキの比較。
(別に200円でも500円でもナンなら1,000円でもいい。)

大人は、先ず あれ?100円どっか行ったなーと思う。
でも、まわりにイヤな空気漂うのを嫌い、消えた100円に対し
大袈裟には言わず、ほっほー100円無くなったよーみたいな
ニュアンスで周囲にナニゲに問いかける。
周りは、ん?無い?じゃミンナで探そうよー!ミンナで!みたいな感じ。

それが、小学1年生なら、
「うわー、オレの100円無くなった!誰や!」となると思う。
んで、その100円を持っているヤツが一番最初に
「オレ ちゃうで!マジ!」と言うと思う。(あくまでも偏見。)
でも、先生はわかってるんです。みなさん目を閉じなさいと・・・

・・・「インド人ウソつかない。」といってるのは
中国人でもアメリカ人でもイギリス人でもない!
インド人 自ら言ってると思う。(あくまでも偏見。)

「イーンドジンわぁウソとぅーきませーんーーぬぅ。これホーンマの話でーすぅ!
マージにーっぽんのひーとぉ、おーもろいコトいーいまーすねー。」
でも、ボクはわかってるんです。目を閉じなさいと・・・

ホンマ インド人はナニユエ オマエはー ソコマデもかッーといつも思ってしまう。
普通のインド人はいい人イッパイやのに。ショーバイインド人。

(※重要)インド人にボクの100円パクラれたわけじゃないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿