2008年1月16日水曜日

上か下。



アホの子について考えてみる。(変な差別的な意味で無いです。)

「アホの子」とは?何をさしてアホの子というのか?
1.「子供」自体がアホである。
2.「子供」は至って普通だが親がアホであるその子供。

この2通り考えられるが、

よく言われる

「アホの子みたいな顔しやがって」の場合。

顔については確実に「子供」の顔をさして言う。

問題は親がアホなのか、子供がアホなのか?

あほあほのボクにとって、これは重要な問題だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿